So-net無料ブログ作成
検索選択

盛漁期突入

休み明け、大船渡の知り合いからの電話では
鮭の水揚げがオスメス合わせて 11000本を超えたっ。
市場発表ではオスが6200,メスが4900の比率という。
いよいよ来たか!
005_20111031112404.jpg
オスとメスの数の比率が逆転するのは11月中旬過ぎ、
そこから数が徐々に減って行くし、Bブナばかりになってしまう。

DSC00955.JPG
一日も早く、大槌の定置網が入ることを願うばかり。。。。
※昨年11/20撮影・大槌魚市場.沖野島漁場の水揚げ


県立釜石病院で検査。。。
終わって、小佐野の税務署前のラーメン店『たまり屋』

DSC01925.JPG
海鮮ラーメン、潮の香りが鼻腔をくすぐる。。。

ハッピー・バースデー

本日,生誕97年....ん*?
いえ、私じゃありませんで、4年前に亡くなった父親のこと。
どう思っても偶然とは思えない。
父と私は誕生日が同じ10/30なのである。

DSC01924.JPG
酒の飲めない息子が、今夜だけはビールで献杯です。
チト、さみしい感じ....けど、
「かっぱ寿司」で買ったわさび茄子の漬け物は
味、食感ともGoodです。
余談♪...女優の仲間由紀恵ちゃんも10/30生まれ........。

師のHPの"色紙コーナー"に掲載されている句

35.jpg
おじいちゃんはとても暖かな切り株   青木 悦子
DSC01788.JPG

秋...満喫

気晴らしに,買い物も兼ねて遠出。

DSC01912.JPG
DSC01915.JPG
旧仙人道路、紅葉のピークをいささか過ぎては
いたけれど、走る先々で、車を停めてカメラを構えている
人たちに出会う。

DSC01909.JPG
住田町から赤羽根峠付近、柿。柿。柿。。。。

DSC01916.JPG
仙人トンネルを抜けていちばん先に右手に見上げる
玄武の岸壁。。。。

DSC01918.JPG
そのまま走り続けて花巻...この年でチト恥ずかしかったが
<ユニクロ>へ、今冬のオススメ、軽くて薄いダウンとカーディガン
2着合わせて¥8890-の買い。
明日は誕生日なのである、自分から自分へのプレゼント♪

チョッピリいじけて

今日.有楽町ルミネのグランドオープンとか

lumineyurakucho.jpg
都会の中の『メゾン』と見立てて、普段の忙しい生活の中で、
良質な空、心地よい風を感じながら、+αの
自分らしさを探す楽しみを見出せる場所として、
お客さまが『メゾン』で心地よいひと時を過ごせる、
上質で賑やかかつ上品で情熱的な空間を提供します.............。

はぁ?そうでうか、ふぅ~ん・・・てな、感想です。
同じ日の同じ日本の此処は、相変わらずでございます。

DSC01906.JPG
DSC01907.JPG
復興.絆.がんばれ.がんばっぺの声が空しく聞こえます。
ちょっぴり、いじけているわたくしで......ハイ。

DSC01901.JPG
DSC01902.JPG
仮設加工場の建設OKが出てから2ヶ月経過、
基礎工事への着手すら、未だ。。。。

DSC01904.JPG
DSC01905.JPG
大潮を迎えて、この浸水...タイもさることながら。。。

これが、大東京から鬼門の方角、大槌の今日でアリマス。

黄色

ogi5143c02.jpg
川を挟んだ真向かいの仮設住宅周辺
北西の風に真っ黄色がゆれています。
"セイダカアワダチソウ"、年々勢力が強くなって....

そんな黄色が好きじゃないのか
黄色い蝶ヾが離れた場所を、少しヨタヨタ。。。。
ヒラ~リ♪ユラ~リ♪
E383A2E383B3E382AD.jpg

秋の蝶の黄は狂ほしきまで黄いろ  草川道子

art11102608370003-p5.jpg
どくとるマンボウ.北杜夫 亡くなるのニュース
若い頃、読んだけど、、読み返せば、またちがうかも、
Amazon取り寄せて、秋の夜長、読もうか.......。

『福来』

週明けの釜石魚市場......
鮭の数量が増えない、
海水温が適温じゃないのだろうか。

DSC01838.JPG
DSC01844.JPG
ソーダガツオです。
当地では「福来」と呼ぶ。
脂肪が無いのが良く、
削り節や、粉末のダシにする
蕎麦やうどんの汁は脂があっちゃダメだから。


0c81557f-s.jpg
何年か前に高松旅行した時、
食った讃岐うどん< ぶっかけ>美味かった。
あのダシ汁も、おそらく「福来」。。。。

DSC01872.JPG
商店街が無くなり、スーパーも無くなり、
買い物や散髪や食堂など、困っていたが、
やっとこ仮設の商店街(マーケット式)の工事。。。




ぐうたら

にちようび...は、ねてようび
心持ちの忙しない日々からの解放日。

DSC01870.JPG

サボってた"お勉強"....先ず、師の句から
魚河岸の茫たり人また茫々たり   天近美津子


DSCN9936.jpg
20111012023646.jpg

ススキ原の撮影に絶好の場所をみつけた。
船越から山田・大沢に抜ける三陸自動車道の
山の内入り口の急カーブの上り坂です。


ここがいい

おらぁやっぱりこごがいい
大津波で全部なぐなっても
地震でぼっこっされでも
やっぱこの街が好ぎだ
やっぱこごに居だい
こごぁ一番だ
二度と同じけしぎぁ見れねぁども
二度と同じ建物ぁただねぁべども
おらどの目にぁしっかり焼ぎついでいる
わっせるごどねぁ あの景色
おらどの街
やっぱりこごがいい

陸前高田市のどなたかの詩です。
気仙語がいい。 共感です。
DSC01863.JPG
DSC01861.JPG
NHK-BSで、瀬戸内寂聴さんの被災地青空説法
を見ながら。。。。。。

DSC00977.JPG

私の血縁に、限界集落どころか超過疎な山奥暮らしの
爺さんがひっそり亡くなった。
じつは町の広報誌で知った(9/11逝去と)、
何で知らせてくれなかったんだろ。

炭焼きをし、畑をつくり、薪を割り、釜戸で飯を炊き、。
水は山の湧き水を引き、秋にはキノコ、春には山菜が山ほど採れる。
年に1度のお不動様の祭りでは神楽の謡いをして.......。
寄ると、「これ食べろ、ホレこれもあれも・・」と、遠慮しようものなら
怒るし、帰りには車のトランクいっぱいに野菜を持たされたっけ。

合掌




またひとつ

またまた、風邪気味。。。。
ひたいに手を当てる,発熱してる。

31014_sr.jpg
釜石の東前町.定置網漁業と水産加工業を
やっていた元カクダイ小林商事の真ん前に
突っ込んだ大型貨物船(5/8撮影

dst11102010380004-p8.jpg
dst11102010380004-p7.jpg
昨日、4000トンを吊り上げ撤去、震災モニュメントとするには
あまりにも巨大過ぎて怖ろしかったが、無くなったら無くなったで
寂しくなったような......。
またひとつ.....記憶だけを残して、復興が進む。

DSC00961.JPG
建物の土台部分とむき出しの土だけの
殺風景な町の旧市街地から、山手に向かえば....秋たけなわ

焦るまい

隣り町、山田魚市場の再開。
町長はじめ県振興局のお歴々も参集して
三.三.七拍子でセリが始まりました。

DSC01858.JPG
水揚げされるピチピチ魚を見て、山田の仲買のみなさん,
「元気に成っちぇ!」

DSC01841.JPG
"かんぱち"の幼魚です.....黄金色。
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

昼に、静岡/沼津から お客人3名。
DSC01860.JPG
向かって左端の方が、沼津,居酒屋『半蔵-2』の服部氏、
              http://hanzo2.pr-pro.jp/
大槌から直接、お店で出される食材の一部を
納めさせてもらっています。
釜石---大槌と被災の様子を、ご自分の目で見て、
「こりゃ3年とか5年とかじゃない、10年はかかるんじゃないかなぁ」

DSC00975.JPG
我が家の近くの小公園です。もう落ち葉。。。。

終わりは始まり

非日常に慣れてしまう....
DSC01851.JPG
感覚が麻痺してしまったのだろうか、
海側の《復興道路》、ガレキを積んだ大型ダンプと
散水車と工事車両が行き交うだけ、人の話し声は聞えない。

DSC01854.JPG
DSC01853.JPG
長旅をして、生まれ故郷に帰り、命を繋げて一生を終えた
鮭が"源水川”水源近くに横たわっています。
命がけで帰ってきた鮭たちに故郷の変わり様はどう見えたろう。。。

DSC01857.JPG
白樺は、どのブナの木よりも早く葉を落とし
天空に伸ばした枝先は「木枯らし一号」感知準備OKだ。

急ピッチ

春から夏にかけて吹くのは南風、
秋になれば西風、厳しい冬は北北西から....

14509276_v1318837233.jpg
"ナナカマド"です。
こうなればもう、足早に寒さがやって来る。

DSC01850.JPG
大槌の魚市場の修復工事も、仕上げ段階に....
新しいフォークリフトや、鮮度保持タンクが揃いました。

DSC01795.JPG
津波で加工場も車も機械も、そして一緒にタンクも流されて、
屋号の印字してあるタンクを探してあるいたけど、
何処に行ったか1基も見つからなかった。
これ、高いんだよなぁ。
見積もり書、取ったら、2年前に5基買った時にくらべて、
1基につき2万円ちかい値上がり。ガックリ。。。

さかなくん気分

週明けは魚を見ることから.......

DSC01839.JPG
釜石魚市場、三丁目漁場の水揚げだ。

DSC01848.JPG
TV取材、セリ声の音取り。

DSC01837.JPG
"鮭"・・・・ぜんぶで1000本ぐらい

DSC01840.JPG
"サワラ"・・・・う~~上物っ!

DSC01842.JPG
これは手のひらサイズの"シマタイ"
塩焼き,美味い。

DSC01847.JPG
こちら泳いでいるのは"イシガキダイ"

DSC01843.JPG
そして、ひとやまお幾らの"雑魚"
........................................................................
大槌も早くこの風景がみられるように、
漁協関係者のひと踏ん張りを...期待。

再生

DSC01831.JPG
真夜中の大雨がウソだったような青空だ。

  穭田のささくれだちて雨あがる   真幸晶
DSC01829.JPG
穭田(ひつじだ)・・刈られた稲の切り株から
新しい茎が生えた田んぼ...俳句の秋の季語。
秋収めが終わってもドッコイ...いのち脈々。
復興.復起.再興.再起.....これ見て、ヨシッ!俺だって。。。

img00356344832.jpg
DSC01834.JPG
外出せず、一日ごろごろ。。♪。。♪。。♪。。
デスク横でホコリをかぶっていた本を読んだり、
居眠りしたり。



ありがとう

朝まで強く降っていた雨、
10時過ぎたら止んで、お昼時間にはバッチリ晴れた。

DSC01824.JPG
町方で1軒だけあるコンビニまで買い物に行こうと、
大槌川沿いのデコボコ道を往ったら、大勢のボランテアさん
で徐行....

DSC01826.JPG
若者、中年、お年寄り、みんなお互いに声を掛け合い、
川からガレキやドロを取り除いていた。 どのお顔も"笑顔"。
男性女性合わせて100人はいたかも知れない。

DSC01825.JPG
写真を撮らせてもらいながら、「どちらから?」
「ハイ、全員東京から来ました、私は今回で3回目...」
「何年か先に復興したら、その時は純粋に遊びに来たいです」
川に浸かっていた方が
「あっ!鮭だっ...」驚きと喜びの声をあげた。
o0400030011515107228.jpg

山田町へ

山田町へ......
親しくさせていただいている同業の水産会社を訪ねる。
仮設の加工場を申し込んだが、当初の話とちがって
大幅に遅れそうだし、とにかくジッとしてても始まらないというので
津波で流された跡地に、自前で加工場を建てていた。
いやぁ...頑張ってるなぁ、やる気満々。

DSC01820.JPG
DSC01822.JPG
大槌もひどい状況だけど、ここも相当な被害だ。
山になったガレキから自然発火したらしい、
消防車が何台も放水していて、もうもうと立ち込める煙と
異臭が鼻をついて,5分と立っていられない現場です。

DSC01823.JPG
山田.織笠の海も、モヤモヤしてた。


ウズウズする

そろそろ大槌から出荷があってもよさそう...と思ったんだろうか、
今日だけで3社の荷受担当者から、電話があった。
話の中で、北海道の秋鮭漁は低調で、9月末で4万トンを
割り込んでいるらしい。「も、ちょっとだから...」と答える。
三陸の漁に期待だ、そのために準備は怠りなくやっておかないと。

suiiki1006.jpg
産地表示も、『岩手/三陸北部沖産』に。


061206ikuradon.jpg
三陸の11月~12月の鮭のイクラ(醤油漬け)は大玉で、
丼いっぱいにご飯が見えないほどガッポリ♪盛っていただく。。。
その鮭の卵が、水揚げ中にお腹からこぼれ落ちるのを
防ぐのに鮭のお尻に木の栓を差し込む....漁師の手早さもすごい。
 

18.jpg
自句 * * * 万丈籠鮭のいのちのこぼれたり

DSC00963.JPG
仮設住宅が立ち並ぶ、山あいに一歩踏み込んだら....。

戯言を

隣町の船越魚市場、津波で影も形も無くなってたけど、
青空テントで本日再開,小型定置網1ヶ統だけだけど、鮭600本とか......
昨日の大船渡の大型定置数ヶ統合計2800本にも劣らない漁。
あれが無い、揃わないとか、HACCPがどうとかはさて置いて、
突貫工事+徹夜作業してでも、環境整備して欲しいし、
目の前に来ている鮭やサワラやイナダを
なんとかするのが先のように思うのだが..........。

DSC01794.JPG
周回遅れというか、最下位決定のダラダラ消化試合というか(悔し)

10日の大槌町地域復興協議会/全体会議での町長の言葉に、
人口15300人から、死者行方不明者1400人あまり、町を離れた人も
あって、復興後の人口は9000と予測する.....などと。。。
夢や希望が萎んでしまうような冒頭のごあいさつ...う~~むmmm

クサクサ解消に、橋野の" どんぐり広場"へドライブ
DSC01819.JPG
DSC01815.JPG

大震災7ヶ月

今日10/11..あの日から7ヶ月。

DSC01726.JPG
恐怖におののいた時刻になっても、
鎮魂.黙祷のサイレンは鳴らなかった......。

DSC01271.JPG
町方から安渡への辻(地名は雁舞道)のあった場所。
アフガンとも見間違う風景が未だに...広がる。

DSC01298.JPG
ここは、天皇皇后両陛下をお迎えして
『全国海づくり大会』の主会場になった場所。

DSC01752.JPG
海は秋の陽射しの中でキラキラ
大津波など、有りましたっけ......知らんがな。

DSC01811.JPG
玄関を入って、この小さな額、
いつも見つめる。

思いがこぼれて

大槌町地域復興協議会・全体会議が
大槌城址.中央公民館大ホールであった。

DSC01797.JPG
若い年齢層の出席者が少ないのが残念だったし、
会議の中身も大ざっぱで、いささか消化不良。

DSC01798.JPG
会議が終わって城址公園から、町を撮る。

DSC01799.JPG
例年、10/10に盛岡競馬場で開催されている
マイルチャンピオンシップ南部杯」が東京競馬場の
メインレースに組まれてて、TV観戦
DSC01804.JPG
岩手から2頭が出走したが
そのうちの1頭,“ロックハンドスター”(直訳/岩手の星)に
期待して、応援。。。。ゲスト解説の徳光和夫氏も▲印

DSC01807.JPG
ところが、ゲートが開いて走り出した直後、故障発生で競争中止。
徳光氏、ついポロッと「ロックハンドスターダスト....」と。
岩手の星が砕け散ってしまった。岩手を支援しようと組まれた
レースだったのに.....嗚呼。こちらも消化不良。

DSC01810.JPG
夕方、土手散歩。
勢いよくジャンプして鮭が上流目指して遡って行く。
柾内橋の水流の穏やかな辺りには、50尾以上は見られる。
この光景が救い。。。。



いつかまた




ガレキ撤去の重機もダンプカーも姿無し、
ガンガン、グォグォ、ジャリジャリの音ももちろん聞こえない。
静かな静かな....日曜日。

DSC01793.JPG
DSC01796.JPG
少しは片付いた魚市場の周辺です。

cccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccc

Entrance.jpg
数年前に東京/葛西にあったマグロの『カネサン』を何度か訪ねた時に、
一度二度立ち寄った[てとらぽっと]という店。
お店のご主人が釜石が出身だというのを知ったのは、つい最近、
もうマグロの会社はないので葛西まで足を運ぶことは無くなったけど、
いつかまた行ってみたい。
map.gif
 http://www.joy.hi-ho.ne.jp/tetrapot/TopFrame.html


こころを解いて

風邪引きがなかなかよくならない。
頭痛があるわけでもない、咳も出ないし、ノドも痛くない。
微熱と、足腰のかったるさだけ.....
午前中に、ひとつだけやることがあったので出かけた。

DSC01607.JPG
DSC01790.JPG
DSC01789.JPG
DSC01787.JPG

車を停めて、山の空気を胸いっぱいに深呼吸♪
何ということはない田舎のありふれた風景だけど、確かな「秋」をみた。

釜石へ

釜石へ用足しに出掛けて、1時間ほどで済んだら、
セリも終わっているであろう魚市場へ車を走らせていました。

14116_sr.jpg
浜町から東前、新浜町への魚市場通りで、
民家手前7mまで迫って乗り上げた大型貨物船、
10年前まで、勤めていた会社の真ん前です。
『宇宙戦艦ヤマト』を連想させる構図で........シャッター。

DSC01784.JPG
フライ旗を掲げて、定置網の"ほっちょか"(漁場名=意味はわからない)
新造船.萬宝丸が岸壁に着いたばかりのところでした。
大きな船だ、立派だ、何億かかったんだろうか?

DSC01786.JPG
サンマの水揚げが終わって、出港までのわずかの時間を
休んでいる船です。漁場が三陸沖になると、一気に南下が
始まる。
風邪気味で....早々に帰宅。。。沈没

守られて

布袋さまは広い度量で円満な人格、
そして富貴繁栄をもたらしてくれる七福神のおひとり。
いつも持ち歩いている袋は「堪忍袋」なのだそうだが......。

DSC01779.JPG
私のデスク脇の布袋様は、堪忍袋も軍配も持ってなくて、
両手を挙げて...ばんざ~い。
このようなお姿の布袋様の像って、ネットで調べても無い。
むかし、台湾旅行した時に台北の道端で買ったものだったが、
地震の時に神棚から落ちても壊れもせず、震災でまったくバンザイ状態からの
再スタートを見守ってくれている。「笑いましょう、笑いましょう...」

DSC01781.JPG
思い切って我が部屋の電気をLEDに取っ替えた。
これまで、クリプトン球だったが、
何といっても電気代が安くなり、
20年は取替えなくてもいいっていうのを信じて...........
それにしても、財布がクシャミしてしまう大出費

DSC00967.JPG
3日つづきの冷え込み...
孵化場公園の木々も化粧し始めた(昨日の撮影

続---秋思

ikku0902_1.jpg

天近美津子(HPはhttp://www.guy5.com/)の俳句

コスモス揺れやばい話をしているよ

コスモ~1.JPG

きれいな罪それは曼珠沙華かしら

DSC01776.JPG

秋思

賢治のポストカードをいただいた。
だから...というわけじゃぁないけれど、
本など読んでみようか.....という夜です。
DSC01778.JPG

3/11の日から、右脳左脳前頭葉海馬どれも
スイッチ押しても入らない。
俳句つくりも、どこの空っ...まったく5.7.5が出てこない。

ph_kaneko.jpg
金子兜太の俳句  人体冷えて東北白い花盛り img_794873_43285781_1.jpg

あすという日が

DSC01765.JPG
JR山田線.大槌駅のプラットホーム、
鉄路も、ホームの看板もなぁ~んも無い。

DSC01767.JPG
駅前から町の中心(だった)本町~末広町方角、
人っ子ひとり、見あたらない、午後の1時。

DSC01768.JPG
しばらく前から、車で通るたびに目にとまった花、
今日、停めて撮ったけど、何という花か名前がわかりません。
血走って澱んだ目には、眩し過ぎ...です。

DSC01770.JPG
その純白の花をブログにアップ中に
NHK.8時からの歌番組....おっ!「りみちゃん」だ。
目が大好きなんです、もちろん歌も。。。。

駆け足

北海道から初雪、富山の立山の初冠雪...など、
11月中旬なみの気温、コタツが欲しくなりました。

DSC01758.JPG
宅急便...<栗きんとん>。
名古屋の秋はこれをいただいて始まります」
妹一家から届き、仏壇に供えて直ぐにさげてハイ....。

DSC01737.JPG
今日の海は、昨日とはガラッと変わって
いかにも、みちのくの海、重た~く見えまする。。。。

1316722351.jpg
車の窓を開けて走っていたら...何かワカランが紫蘇の香り...
いい香りが飛び込んできた。
農家のオジサン、紫蘇の実を採るためなんだそうだ。
炊き立てのご飯に、マグロの刺し身に
贅沢に振って食べたらさぞや・・・あぁぁたまらん。

円い心

放射冷却の朝8時、気温7℃、長袖のポロシャツでも寒い。

DSC01755.JPG
昨日、稲刈りが終わって....秋の季語“刈田.刈田道.刈田風...”
風はひんやりしてるけど、切株は...ほっこり。

DSC01744.JPG
いろいろ仕事を再開するのに必要な器材や資材を
支援してもらった『チームTukiji-Womenの女性群が支援バザーで
宮古の磯鶏にある河南中学校
来ているというので、御礼を述べようと駆けつけたまではいいけれど、
おみやげ持っていかなかった、悔いても嗚呼..後の祭り(恥かし)。。。

DSC01756.JPG
逆にこれから寒くなるから...と、手編みの“首巻”をもらった。
地元のボランテアの皆さんも、首に巻いています。
被災者のことを思いながら、編んでくれたのでしょう、
首巻同様に暖かいメッセージも添えてありました。

DSC01753.JPG
宮古→津軽石→山田→の帰り、
ドライブインの駐車場でひと休み...今日の海の素晴らしさ♪♪

秋日和

一年を通して一番好きな10月
私の誕生月だからなんだろうか..........
知り合いを訪ねながら、海を見に行く。

DSC01589.JPG
西風が強く吹いていたけど、青空に「いわし雲」。。。。

DSC01732.JPG
魚市場の砕氷設備が復旧していて、定置網の網入れ、
順調なら今月中旬から漁が出来そうだ。

DSC01727.JPG
まだ取り壊しに手がつけられていない『ふれあいセンター』、
時計の針は地震が発生した時刻をさして止まってて、

DSC01729.JPG
震災大槌の撮影ポイントになった『役場庁舎』、
こちらの時計は大津波が襲った時刻です。

DSC01734.JPG
DSC01733.JPG
隣の田んぼ、稲刈りです。
ご一家で、若夫婦が刈る、年寄り夫婦が積み込み....
地震も津波も忘れてしまう,ほのぼの風景。。。。