So-net無料ブログ作成
検索選択

笑いましょ

うるう年.2月29日、一日儲けた気分。
夜が明ければ、弥生3月と来て、心ウキウキ
なるのが本来なんだが..........

せめて、今夜は「笑いましょう」...か

DSC01463.JPG
DSC01462.JPG
撮影したのは去年の8月でした。
商売してて、お店も、ご自宅も流されて....
それでもカメラに向かって微笑んで..........。

img_1201842_36212531_0.jpg


DSC01739.JPG
東京築地から被災地支援で物資を運んで
来られた『日本おさかな普及センター』の
<おさかなマイスター>のお二人さん....です。

今日のところは「微笑み」程度でしたが
思いっきり「あっはっは」笑う日が、いつか来ると


玉響(たまゆら)

これ...置いて行くよと、兄貴。
一冊の本が、ソファーの横に.....。

DSC02620.JPG

「かつてあったことは、これからもあり
  かつて起こったことは、これからも起こる」

一気に読んだ。「重たいっ」・・・正直な読後感。

DSC02604.JPG
春間近の雪なら、1日2日すれば
融けちゃうと思ったら、ギッチョン、再び冷え込みが.....
山里へ少し走ったら、ブナも氷結。

いつか帰りたい...と。

予定通り、Qinの兄貴の嫁の一周忌法要
プレハブ仮設の本堂、読経の声の響き、節回し...
聞き惚れていました。

DSC02611.JPG
兄貴の娘が準備したお花を供え、お線香を焚き、
一周忌の塔婆を立てて...南無・・・・・

DSC02613.JPG
DSC02612.JPG
お墓の場所から、雪の町を見渡す。

DSC02615.JPG
少人数だったが、墓参の後の食事会は
津波の到達地点ギリギリの場所にあって、
被災を免れた『うな省』で......。
仙台在住のすぐの弟の同級生でした。

DSC02616.JPG
うなぎは自身で育てていると聞いた事があるが
ほんとうに美味い"うな重"でした。
箸袋には"すっぽん"の文字もあり......
機会をみつけて、そのうちまた。。。。

雪の翌日..小春日和

昨日の大雪......「春告げ雪」
あんなに降り積もったのに、
太陽が真上になったら、半分は融けだし...

DSC02608.JPG

午後には花巻からQinの親娘が来た。
明日、3/11に死んだQinの嫁さんの一周忌で、
5ヶ月ぶりの大槌帰参。

DSC02609.JPG
みやげは 坂田明・mii 『ゆめ』.ともう一枚のCD
兄貴も、娘も、思ったより元気で安心。
今夜は我が家に泊。

♪♪・・・・・・・・・・・・・・・・・・

由紀さおりピンクマルティーニ
<イズ・ザット・オール・ゼア・イズ?>
を聴きながら、今夜のブログを書いてます。

1009ai16.jpg

こんなもんだったの?
こんなもんなの?  

そんなもんよ
さあ夜明けまで  
グラスもってそれだけのことよ・・・
乾杯 踊りましょう・・・・・
-----------------------------------------
このフレーズが好き、
合わせて口ずさんでいる私.......。


ドカ雪

夜の11時.....雪掻き。
朝から降り続いていた雪が、やっと止んだ。
水分の多い湿った雪だから、ズンズン積もる。


20120105_2399100.jpg
大槌川には「サギ」それも、小さなサギと大きなサギと
コウモリ傘に擬態したような汚い色のサギと、「カルガモ」、
ショッピングセンター・マスト近くの小鎚川は「白鳥」だけ....。
彼らにも縄張りとか住み分けがあるんだろうか。





光を浴びて

身体の節々、ギシギシ♪音をたてています。
体力がこの1年でそうとうに落ちてしまったことを実感。
やっぱり、仕事(肉体労働)はいったん休んだらダメ...です。

DSC02602.JPG

船越半島....タブの大島。
車を停めて、背伸びして.......
キラキラ光る海をしばらく眺めていました。
春間近。

なんたら・・かんたら

本日は..『真鱈』のオハナシ。
<寒タラ>と申しまして、寒い冬が旬であります。
"真子"を孕んだ♀よりも"白子"ぷりぷりギッシリの♂が、
お値段が数倍、否..十数倍になるが、
腹の中に価値をみるのもいいけれど、
今時季の沖釣りの真鱈は産卵期を終えて、お腹が
空っぽで値もグンとさがる。
しかしながら、引き締まった身はまさに<寒タラ>.......

kobujime-tara-3.jpg
昆布〆してビリッとワサビを効かして刺し身で食らう。
唸ることまちがいなし。

DSC02592.JPG
1尾.7kg~6kgクラス。
どこかの市場か、魚屋さんでこのシール貼ってある
真鱈をみたら、これは我が社からの出荷と......。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
DSC02594.JPG
仕事を終えて、末広町交叉点から上町方角
<マスト>,<ホーマック>,<ローソン>,<ルート45>....
荒野の中に忽然と、ラスベガス ♪

DSC02595.JPG
DSC02600.JPG
NHK岩手ローカルニュース
間もなく一年になるにあたって、行方不明者の
捜索、ミゾレ雨の中....
大槌がどこよりも不明者が多いと言っていました。

ソレッ行け...GoGo!

漁があって、浜に水揚げさえあれば......
おのずと我らの出番も増えてこようというもの。
午後の釜石魚市場
昨日よりも多めの魚が並んでいました。

DSC02508.JPG
毛ガニも、今が身入りがいい
小ぶりでも、持ってみたら ズッシリ♪

DSC02586.JPG
活魚で、ヒラメ(8kgはありそう...)があり、
セリで落としました。
他に、真タラ,アイナメ,アンコウ,ナメタガレイを仕入れ。

DSC02587.JPG
相棒が発砲スチロールの魚箱に氷を敷く.....

DSC02588.JPG
1尾ずつ、ていねいに箱詰め、計量。

DSC02590.JPG
出荷先ごとにクラフトテープで色分け。
後片付けして、終業は6時30分をまわってました。
今日も「おつかれさ~~ん」

いろいろあら~な

当たり前のことと、決め込んでいる事が、
そうでないと知らされた時、
どう対処するか・・・・・対応力が試された。

----------------------------------------

各地の消費市場が明日(水曜日)は休市で、
明後日の関西九州方面の
市場への売りに出荷の鮮魚を積んでやりましょうと
仕入れて、「集荷を頼みます」と連絡したら、
こうした休市がらみの時は集荷は昨日の午前中だけで、
今日は行けません・・・・と。

運送屋さん(気仙沼の)も大きく被災して、
残った少ないトラックでやりくりしているし、そうでなくても
水産の復興もマダマダで荷が少なく、大赤字で
気仙沼→宮古→気仙沼を行き来している(であろう)から。

朝7時、荷を積んで気仙沼まで走る。
運転は次男坊。

DSC02583.JPG
DSC02585 (640x451).jpg
途中の陸前高田の国道45号、
"ホテル1000"の付近。
う~~大槌もひどいが高田もだ。

DSC02582.JPG
DSC02581.JPG
気仙沼の港の方へ曲がる。
まだ手付かずのところもあり......

運送屋氏へ電話、
ここから、どう行くのか聞いたら、
まったく別方向で、また国道へ戻り....ずーっと走る。
途中で右折、ここから山のほうへ
墓苑やら農家やらがあって、やっと到着。

往復5時間....ヤレヤレ ♪

ワーカー・ホーリック

週明けの月曜日

DSC02407.JPG
いつもと変わらない
間もなく日が昇ってくる時間。。。
ねぐらの中洲から水鳥たちが川に現れる。

大槌の魚市場は両手でつかめる程度の
水揚げしかなく.......燃えず、ながめただけ。
昼から釜石魚市場へ........こちらは賑やか。
タラ,アイナメ,ナメタガレイ,オコゼを仕入れ。
損得など考えずに遮二無二身体を動かして
いるだけで、高揚感で心が弾む。
"ワーカー・ホーリック"という病気か...♪

DSC02578.JPG
DSC02580.JPG
大槌から釜石へ工場を新築移転して
今日から操業再開した<双日食料水産>、
100人規模の会社です。隣接の<津田商店>も
来月には300人規模で事業再開です。
この2社が大槌から去ったってことは........。

DSC01024.JPG
昨日、遠野を通った時、
何か外に干して?いました。
切り餅みたいに見えたが、はたして。。。

気持ちもあらたに

築地市場をはじめ、川崎横浜埼玉
千葉、茨城、宇都宮、、地元の盛岡、仙台からも
荷受さんの担当諸氏(若い人が多くなった)と、
宮古--山田--大槌--釜石--大船渡の鮮魚出荷会社と....

DSC02566 (640x480).jpg
ここです。
5階の部屋からの遠望。

DSC02567 (640x480).jpg
左の若い2人は仙台の荷受から
タオル頭は山田のN水産の社長。

DSC02571 (640x480).jpg
被災したってナニクソだ。
若いってホントいいもんだ。
眼鏡君は川崎北部市場のT君、右は山田のK水産の専務。

DSC02570 (640x480).jpg
酒が飲めない私、
オレンジジュースです。
誰よりも早くお膳がさみしくなります。。。。

DSC02572 (640x480).jpg
宴たけなわ.....中〆の音頭は
副理事長のY水産の社長,三陸の水産復興を高らかに.....。

DSC02576.JPG
明けて今日10時解散、盛岡の街は少々の雪、
買い物するじゃなし、まっすぐ帰路についたのデス。

リフレッシュ....

土曜日 ,, 魚市場は休みです。

P1213557 (640x480).jpg

盛岡の郊外、御所湖と岩手山が望めるホテル
県内の鮮魚出荷組合の総会(酒宴?)出席で、
ひと晩、温泉で身も心もサッパリさせてまいります。

それでは.....安全運転で。

やるしかない

大槌町漁協の業務を引き継ぐ、「新おおつち漁業協同組合」の
創立総会がきょう開かれ、新しい組合に加入する167人が集まりました。
会議で新しい理事と監事10人も決まり、新組合設立が了承されました。
これで岩手県へ設立許可申請を行い来月1日に、
現在の800人から4分の1にも満たない
およそ180人の組合員体制でのスタートだそうです。

ae0a8621ac06254644893c33d243e678_l (640x427).jpg

あらゆる生命は海から始まった。
だから........

gyokyo120215.gif
県内6漁協が債務超過 22漁協、震災特損計上。
先日の岩手日報のTOP記事......
みんな苦しいのダ。
しかし....................負けない!

DSC02564.JPG
今日の午後の釜石魚市場
延縄の真タラ、1尾9kg~7kgのデッカイのを19本仕入れ。
このサイズをよろこぶ地へ出荷。

DSC02563.JPG
みんな、頑張ってるのでアル。

春になれば

殺風景な写真がつづいてましたので
今日は、華やかに.......

080330_16.jpg

大槌中学校.源水から大石の淵への道、
町に向かって左手の一軒の家の庭、春になると
淡いピンク・白・濃い目のピンク、色とりどりの
花をつける木がありました。
大津波で家も庭も今はありませんが、
記憶にシッカリ残っています。

「花桃(はなもも)」っていうんだとか。。。。



長い道のり

朝の早い時間、始業前の
「瓦礫選別」プラントを撮りに。。。。。
夏本~雁舞道手前の埋め立て地にあります。

DSC02560.JPG

DSC02555.JPG

DSC02562.JPG

DSC02557.JPG

金属類 / 土砂 / タイヤ / 木材 / その他....と、
山になっていました。
この町で暮らし 喜び、怒り、哀しみ、楽しんだ「証」が
粉々になり無機質なゴミになって...........。

すすり泣いてる夜の町

せめて明るい灯が欲しい....

日暮れ近くなって、安渡の工場へ
忘れ物を取りに出掛けた。

DSC01292.JPG
流された元工場跡を通り......

DSC01274.JPG
決壊・倒壊した堤防の脇を通り.....

DSC02496.JPG
工場に着いた。
日没に自動的に点く照明はあるけれど
周りは闇......

DSC01938.JPG
来た道を折り返して、末広町通りに出たが
慣れた道でもどこを走っているのか....怖い。

被災地を実感する。

繋ぐ・・・継ぐ・・・

夜中に吹き荒れた風、
朝方にはピタリ....止んで、見惚れる空。

DSC02550.JPG
大ヶ口保育所裏あたりから、東の方角。

DSC02551.JPG
護岸改修工事、
大津波はここ(海から4km)まで溯ってきた。

大震災から1年を迎えるのを機に、
今月29日から3月27日まで、
鎮魂の巡礼海外公演に我が町の臼沢鹿子踊は中国へ、
宮古の黒森神楽はフランスへ、
そして宮守の湧水神楽がアメリカへとそれぞれ海を渡る。
臼沢鹿子踊の東梅さん、
「海外で被災体験を語り、支援への感謝も伝えたい」と。

4e4111daae46c_7 (640x473).jpg
ご注目! この鹿子の両角の間を.....
<丸に四つ目菱>ですよ ♪
我が一族のシルシなり。。。。。。。

24.jpg
湧き水を 透かしてみれば 父の郷

けっこう毛だらけ

今日は"フーテンの寅"さんのこと。。。。
68歳で亡くなった渥美清さんと同じ年齢(数え)に
なった私です。
大津波に呑まれた町に、もし、寅さんが旅して来たら
どんなエピソードを置いていくのか....などと。

img_738693_46455838_0 (640x354).jpg

思っているだけで
何もしないんじゃな、
愛してないのと
同じなんだよ。
愛してるんだったら、
態度で示せよ。

何時までも茶づけ
食ってんじゃないよ、
口の中で、
うんこになりますよ。

寅さんの名語録は数知れない。
今の永田町のセンセ方に聞かせたいデス。
----------------------------------
渥美清さんの俳号は<風天>
私の好きな俳句...2句。
DSC01295.JPG
ゆうべの台風 どこに居た ちょうちょ

gazou2.jpg
コスモスひょろり ふたおや もういない

DSC02549.JPG
日曜日は瓦礫片付けのダンプカーはお休み
道路散水車も走っていない。
強風,乾いた風で土ぼこりが舞う。
ちょっと外出しただけで、髪の毛から衣服から
じゃりじゃり......。
風呂でゆっくり流して、あがった後の
「紅ほっぺ」佐賀県産、美味いっ♪

鎮魂

今日2月11日、あの日から11ヶ月
静かな土曜日です。

DSC02051.JPG
澄み切った冬晴れ

DSC02088.JPG
海も穏やか

DSC02389.JPG
白鷺が滑空して

DSC02544.JPG
昼飯抜き、晩もテイクアウト弁当。

ぬくもりが伝わります


インフルエンザが猛威をふるって
いるようです。
特に岩手は要警戒地区と......

DSC02534.JPG

夏に、『築地ウーマン・チーム』さんから
支援物資でもらった<首巻>のひとつ。。。。
編んでくれた千葉県いすみ市の田中さま、
ありがとうございます。

DSC02541.JPG

去年まではタオルを巻いてたけど、
ファッショナブルでございます.............。

突きん棒船

少しぐらいの風や波でも、
船首に突き出した舳に立って、
5m近くある銛を両手で構え、
海面に浮いてくるメカジキやマカジキを追う。
『突きん棒』の復活を願う........。

tsukinboupi_01.jpg
長崎(壱岐・五島)、大分臼杵、紀伊勝浦、房総銚子
そして三陸と伝統漁法の歴史は古いが、
大型巻き網とか大目流し網漁のような大量捕獲の陰で
年々漁師さんの数が減っているのも現実。

DSC02160.JPG
被災し、残った船もわずかになったが、
荒海に船を走らせ、銛1本で仕留める........。
突きん棒漁師の誇りを失ってはいないと信じたい。

DSC01614.JPG 
津波で船を失った根っからの突きん棒漁師、
S●●丸のSO氏...必ずまた海に出る...って。
(去年の9月に撮る)

そして復興へ

今日は釜石駅前のモニュメントを....

DSC02522.JPG
---- 鉄と魚と ----

DSC02523.JPG
---- 近代製鉄・発祥の ----

DSC02524.JPG
---- 高炉の火・永遠に ----

DSC02527.JPG
---- 復興の鐘 ----

****************************************
2,3日、寒さが緩んで、泥雪も消えたが、
夕方から気温急降下......ぶるるっ

DSC02529.JPG
スーパーでめっけた「どんか」の素♪
釜石の銘酒<浜千鳥・酒粕>、
これはゼッタイ買わずばなるまい!ってわけで....
温まりましょ~~~~~♪

足音だけでも育つ畑

心に響くメールをいただいた。

「畑に何の用事もなくても、一日に何回か、一回でもいい。
出れば、その足音だけで、良い農作物ができるものだと。。。
足音が育ててくれるものだと。」
------------------------------------------------
ここのところ、ぼやいてばかりだった自分を反省。
私にとっての「畑」は....魚が揚がる魚市場、
釜石にあれば釜石へ・・・と。

DSC02510.JPG
少なめだったけど、けっこう並んでいました。

001.jpg
仕入れは「真ガレイ」およそ60kg(子持ち.子無し込み)
このカレイも今が"旬"で、「塩焼き」、「煮付け」がいい。

DSC02520.JPG
釜石から工場まで運んで、サイズ別に製品。
5kgに統一して13箱.....ナマ出荷。
ささやかだが、仕事した充実感♪♪

DSC02383.JPG
工場を出て、安渡の1本道路....
満潮に近く、浸水の海水なみなみと。。。

仕事があるということは・・・

やっぱり地元の魚市場が大事、
そう思って、期待しつつ早起きして行ったけど、
乾いたコンクリート床と、空っぽのセリ場に、落胆と
あきらめのため息です。

DSC02435.JPG
朝陽はこんなにも美しいし、
港だって条件的に良港なんだが.......。

昼、釜石の午後セリへ

d0044628_22251229 (640x389).jpg
アイナメ...およそ30kg
春先が"旬"で、名前は「鮎並」と書く高級魚。

53e698f2e5d3d330eadafe057cb8b9d2 (640x292).jpg
ここでは「オコゼ」と呼んでいるが、
正しい名前は「ケムシカジカ」
九州~山陽地方ではべらぼうに高い「オニオコゼ」
に代わる魚で、なんら遜色はない(と思うが・・・)

この2種類を競り落として、かの地へ出荷。

DSC02517.JPG
源水川(鮭鱒人口孵化場)の今日です。

日曜散歩

昨日は夜更かし、
日曜日につき、朝寝を決め込みまして.....

DSC02512.JPG
午前10時開店直後の<シーサイドタウン・マスト>へ
入って食べようか・・・と迷ったけれど、
結局のところ、Maiyaでパンとヨーグルトを買う。

DSC02514.JPG

DSC02516.JPG
べつに用事は無かったが、寺野へ。
町内の5っの小中学校、
大槌中。大槌小。北小。安渡小。赤浜小。
海の子も里の子も山の子もみんな仲良くまとまって
学んでいます。

DSC02513.JPG
案内板にご注目
吹き出すほどではないにしても、思わず
ニヤッ....笑ったね。

DSC02519.JPG
飲み水が無かった震災直後から数週間、
大いに活躍してくれた<ガッタンポンプ>、
忘れ去られて...たたずんで。


立春

『立春』
雪が降って、凍って凍えていたって
間もなく春がやって来る。

今日は土曜日、友人宅に招かれて
ちーとばかり、遅くなり申したデス。。。。。

img_1042440_63818644_1.jpg
なかなか融けない雪の中から、ネコヤナギ。
確実に春に向かっています。

DSC01202.JPG
去年の4月28日撮影
大津波に襲われても、見事に咲いた大槌川の
大ヶ口水道事業所裏の土手のサクラです。
待ち遠しいです。 春よ来い、早く来い ---------------♪

福は内,鬼も内。。

すこし波が落ちたので、
午後の釜石魚市場のセリへ.....

DSC02511.JPG
新浜町の魚市場岸壁から

DSC02507.JPG
毛ガニ....小ぶりだが身入りは良い。

DSC02509.JPG
刺し網,カゴ漁など、7隻分が並んでて、
12時30分入札締切り..1時発表。

++++++++++++++++++++++++

4480823611_09__SCLZZZZZZZ_.jpg

 <森茉莉かぶれ> 早川 茉莉 (筑摩書房)
たまたまなのか、同名だったが故の
茉莉追っかけ.......オトコの読み物じゃないと思ったけど、
Amazon取り寄せました。
森茉莉さんとは学生時代、下北沢の邪宗門やスブローザで
ミルクティを一緒したことがあるのです。。。。

歯を食いしばって

今日、 新しく発足する新おおつち漁協の、
2回目の設立準備会の集まりがあり、
今月17日に創立総会を開くことや
7人の新しい理事の候補を決めたということです。
誰がトップになっても、たいへんなこと.......
いのちを懸けて、がんばってもらいたいもの。。。

securedownload.jpgsecuredownload.jpg
午後、歯科診療所へ
町内の歯科医院はすべて被災して、
3人の先生がブースを分け合って診療していて、
とっても混んでる。ジッと1時間待ち♪

DSC02430.JPG
3cm5cmぐらいの雪だったら、すぐに
融けてしまうのに、気温があがらないので
カチカチに凍ってしまって........スッテン。

押し黙って

二月・きさらぎ
新しい年が明けてからひと月経ち、
ギャロップから並足へ...............。

DSC02506.JPG
マルハ・ニチログループ
名古屋大東魚類さんの三陸の魚カレンダー
2月は"毛ガニ","ヤリイカ","真ガレイ","ホッケ"。

DSC02503.JPG
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
DSC02504.JPG
信越--北陸--山形~津軽と、
豪雪、暴風雪と、見るもつらいニュースばかり
北国にしてはそんなに雪の降らない大槌だけど、
午前中は吹雪きました。
仕事にならない日がつづきます。